0 我が家のおばんざい

我が家のおばんざい

平成31年1月編

>

bb

30年7月の料理        

30年8月の料理

30年9月の料理

30年10月の料理        

30年11月の料理

30年12月の料理               

          

          

                         

                 

      

      

「我が家のおばんざい」は目分量、手分量で作る自作料理でして、
毎月同じ料理も登場します、レシピとして見て戴くには非常にいい加減ですので、
毎日の献立メニュー参考程度に見て頂けたらと思っています

今日のサラダ

ベビーリーフ、セロリ、人参、スイートコーン、ミニトマト、マヨネーズ、胡椒、オリーブオイル、塩少々。

ビーフステーキ

ビーフのバター焼き、スパニッシュオムレツ、人参のグラッセ、いんげんのバター炒め。

きつねうどん(昼)

削りかつおを一杯入れて利尻昆布とで濃いだしをだして、塩と醤油ほんの少々、油げと三つ葉で。

春菊の辛子和え

春菊はさっと茹でて水気を絞って置く。ボールにカツオ昆布だしほんの少々、味醂、酒、和辛子少々をよく混ぜ、その中に茹でた春菊を入れ、切りごまを混ぜて、最後に炒りごまも少々。

鶏ささみカツと野菜天

ささ身は三つ位にそぎ切りにして塩コショウ、酒を振って衣を塗し揚げます。野菜天は春菊、ゴボウと人参、ジャガイモ、茄子を少々。

中華風ハンバーグ(親父2)

ハンバーグは合挽肉かな?小さめに丸めて焼いて、スープを注ぎ入れ、青梗菜を茹でて一緒に少し煮込んだ?

茶碗蒸し(親父2作)

具は、鶏肉とかま位だけれど、すが出来ずに程よい仕上がりでだしも効いていて久しぶりの嬉しい茶碗蒸しでした。

ひじきの煮つけ(親父2)

親父2はシイタケが嫌いだから入ってない、その代わりに黒豆が入ってた、まずさっと炒めた?って聞いたら勿論!って言った、多少は私の調理するところ見てたのかな?

マカロニサラダ(親父2作)

病院で出た野菜のはいらないさっぱり味のマカロニサラダが美味しかったって話したら。トライしてくれたオリー。オリーブ、レモン他を入れカロリーハーフカットのマヨネーズで絡めたらしい。。

鮭茶漬け(親父2作)

甘口の鮭を焼いて、カツオと昆布でしっかりだしをだして吸い物位の味付けにし、暖かいご飯に鮭を載せて、三つ葉とワサビが載ってた。いりごまも振り入れて、美味しかったのですぅ。

豚けんちん汁(親父2作)

多分自分でけんちん汁を作るのは初めての親父2、好物なので私が時々作るので味とか具はしっかり覚えていたのでしょう。味はしっかり私の味に出来ていました。

厚揚げと野菜の煮つけ(おやじ2)

厚揚げ、人参、大根、油揚げを薄味で煮込んであった、病後には程よい料理ではありました。親ばかチャンリン。

野菜たっぷり載せカレー(親父2作)

サラサラのピリ辛カレーに色々な野菜をたっぷり載せたもの。う〜んどこかのお店で似たもの食べた事あるかなぁ?

クリームシチュー(親父2作)

鶏肉を使って、ジャガイモ、玉ねぎ、人参、ブロッコリーの入ったシチュー、牛乳に生クリーム、バター少々も入れたかな?私の作るシチューよりさっぱりしたシチュー、カロリー控えめかな?

三つ葉のお浸し(親父2作)

カツオ昆布だしに薄味をつけて茹でた三つ葉を入れてお浸しにした様子。

蓮とセロリの炒め煮(親父2作)

蓮とセロリに上新粉を振ってオイルで焼いて、甘辛たれを塗したもの。

牛肉と玉ねぎっピーマン炒め

牛肉、新玉ねぎ、ピーマンを一緒にさっと炒めたもの、塩コショウに醤油ほんの少々。

今日のサラダ

キャベツ、セロリ、人参、キュウリ、スイートコーo、ミニトマトの我が家の定番サラダ。

大根と豚肉の炒め煮

大根はぬかを入れて下茹でをしてからフライパンにほんの少々脂を注ぎ前面に焼き目を付けてから、かつおこんぶだしの中へ豚肉は熱湯をかけて脂を少し落としてからだしの中にいれ酒、味醂、醤油少々で煮込むと濃くなるので薄目に味をつけて、煮汁がなくなり大根が透き通ってくたくたになるまで煮る。

豚肉の生姜焼き

豚肉は軽く塩コショウをして小麦粉を振ってフライパンで焼き、生姜のしぼり汁、酒、味醂、醤油のたれを出来上がりにさっとかけて強火で絡めて火を消す。

鰤の塩焼き

天然鰤の脂の載ってそうなのを2切れ買った、二切れとも同じに焼いたのではつまらないので一切れは塩焼きに。

鰤の照り焼き

もう一切れは関西風の照り焼きに、塩をしないで焼いて、醤油、味醂、酒、黄ザラメ、利尻昆布をさっと煮だして砂糖がとけたらOK、焼き立ての鰤をジューンと言わせてつける。10分も浸せば味はしっかりつく。漬け込んでから焼くと焦げて焼くのが大変だけれどこれは程よい焼け具合で味もしっかり。。

卵とじ

風邪なのかむかむか吐き気がして丸一日なにも食べなかった。食べなきゃダメだ!とお粥を炊いて、だし汁で卵をとじて、母が私が風邪を引いた時、これと梅干しとお粥作ってくれたっけと想いに浸りながら食べた。

一人鍋

風邪で寝込むのは何年振りだろう。親父2から夕食支度しないでいいよってライン来たけれど、遅くに帰って何かちょっとでも暖かいものがと冷蔵庫と睨めっこ、豚のしゃぶしゃぶ用が少しあり、白菜、ネギ、白滝、小松菜がある。小松菜はさっと茹でて一人鍋を作って、鰤の焼いて食卓の上に置いておく。

餃子

折角綺麗に包めたのに、クックパーに載せて焼いたら焦げて、カリッと仕上がらなかったのだって、そりゃぁそうよね。お湯を入れてしっかり吸い込んで貰うにはやはりこれはフライパン直でしょう。まぁ失敗は成功の元、味は上々なのです。

七草粥

今年は電気釜で朝6時に炊き上がるようにお粥をセットして寝た。程よい加減に出来上がるのである。お供え用の4分の1に切ったお餅と我々は一個づつ入れて七草は一番最後に入れ、塩吹き昆布を載せて食べる。その前に勿論神棚、仏壇、父母の写真の三か所にお供えをしてから。

豚けんちん汁(味噌味)

鰹と利尻昆布で取っただしに下茹でした大根、コンニャクを入れ、人参、油揚げを入れる、豚肉は湯通しして濁りを取ってから入れ出来上がるちょっと前にゴボウを入れる、香りたつゴボウがけんちんの決め手?最後に味噌を入れて出来上がり。沢山作って3日位かけて完食。

カジキマグロのカツ

カジキマグロの切り身を縦に切ってフライで食べたいと親父2が言う、4つばかりに切って、塩コショウ、酒少々を振り入れておいてフラインの衣をつけて勿論新しい油せさっと揚げる、シンプルで美味しい!

カツサンド(親父2作)

ヒレカツとキャベツのサンドイッチとソーセージ巻き。休日の朝は親父2が良く作ってくれる。

クリームチーズ挟みと海老フライ(おやじ2)

ギョーザの皮が余ったので中にチーズを入れて焼いたと言う、摘みにいいですね。海老は先日皆が集まった時揚げた残りを揚げたもの、少々揚げ過ぎ!

鶏ささみのパプリカ&カレー焼き

今日は買い物に出なかったので冷蔵庫にあったささ身を半分パプリカ粉に塩、と醤油ほんの少々、残り半分は塩とカレー粉をまぶし上新粉をつかてカリッと焼いた。真ん中は菜の花の辛子和え、土佐酢少々、味醂少々、酒少々、だしほんの少々、オリゴ糖ひとたらし、和辛子を良くまぜ絡め切りごまとイリゴマを絡める。

かぼちゃのバター煮

かぼちゃは皮が好きなので、ほぼ皮つきのまま、バターでさっと炒めてからカツオ昆布のだしを入れ汁気がなくなるまで煮ます。味付けは味醂、酒、醤油少々。

カツ煮(親父2作)

先日姉来訪の時、田園調布で美味しいヒレカツ屋さんがあるとの事、揚げたヒレカツを一杯貰った。何枚か温めて食べた残りをカツ煮に、私が好きだからでしょう…

サラダ(親父2作)

大根とセロリを刻んでかつおぶしをかいてかけたもの。

牛肉とモヤシ炒め(親父2作)

先日の焼き肉用の肉の残りが少しあったらしい、もやしとキノコを炒めて付け合わせに。ジャガイモを潰してアンチョビを入れたものも。

ミートパイ(親父2作)

牛ひき肉で美味しく出来たミートの味付け、熱々を頂きました、正月はかなりの料理を担当してくれました。

アップルパイとマロンパイ(親父2作)

三角はリンゴを煮て挟んだアップルパイ、マロンパイは栗きんとんの栗の周りの餡を取って入れたのだって、サックサクで美味しかった。特にアップルパイは私の好物。程よくパリッと出来上がってた。

アンチョビのピザ(親父2作)

ピザ生地にアンチョビ、トマト、アスパラ、マッシュルーム他を載せて焼いたもの。アンチョビの辛さが後をひく味。

ほうれん草炒め

これも畑で採れたて、バターでさっと炒めて、塩コショウ、醤油ほんの少々。青さも違うし、兎に角甘い!

大根の葉炒め

畑で採れたての大根を貰った、葉が綺麗なので刻んでごま油でさっと炒め、醤油とイリゴマを混ぜて、暖かいご飯に載せて食べる。

アクアパッツァ(親父2作)

鯛とオリーブ、アサリなどを入れオリーブオイルを入れて蒸し料理、スープも美味しくってフランスパンを小さく切って焼き浸しながら食べたのも美味しい。大好評の料理でした。

サラダ(親父2作)

野菜が5,6種類綺麗に盛られていて、胡麻ドレッシングやそれぞれ好みの味で食べた。

野菜の鶏胸肉蒸し(親父2作)

今日は東京の姉の少し遅い誕生祝をかねて長女と上の孫も参加して賑やかに家族パーティー騒いでいてカメラに収めなかった料理も3種以上かな?鶏肉に下味をつけて野菜を中に巻き、蒸したもの。

焼き肉用野菜

親父2が準備、最近台所に立つことが多くなった。主婦に一番向いてるような気もするけれど、外に向かって活躍する方が向いてるのかな?盛り付けは私よりずっと上手である。

焼き肉

今半のサーロインを張り込んだ、大きいままやいて豪快に口に入れようって。親父2,3と3人の夕食ではありました。

お元日

お節セット取ろうか?と言うとそれなら何も要らないと言う。今年やっと出来てこの程度、栗きんとんに2時間かけて悪戦苦闘の上、何とか並べた我が家のお節。小皿は三種の神祇、数の子、田つくり、黒豆を載せてまずは「数々めでたい、ゴマメでめでたい」と声に出して頂き、雑煮は「お祝い」と眼の高さに掲げてから頂く。


ホームへ戻る