我が家のおばんざい

我が家のおばんざい

「H30年2月編」

29年7月の料理        

29年8月の料理

29年79月の料理

29年10月の料理        

29年11月の料理

29年12月の料理

30年1月の料理        

          

        

        

        

                 

「我が家のおばんざい」は目分量、手分量で作る自作料理でして、
毎月同じ料理も登場します、レシピとして見て戴くには非常にいい加減ですので、
毎日の献立メニュー参考程度に見て頂けたらと思っています

まぐろぶつ切り

親父2はご飯要らないコール、一人では少々多いけれど、あったかご飯で食べちゃった。う〜ん牡蠣フライも一緒だからちょっぴり食べ過ぎだぁ。醤油に酒少々、ワサビを混ぜ込んで、大葉を一杯刻んで一緒に食べた。

新じゃがのバター醤油炒め

新じゃが小10個入って100円だった、それを3個使ったから30円の一品、皮のまま綺麗に洗って四つ切りにして塩茹でして、バターで炒め、仕上げに醤油少々を振った、香ばしくって美味しかった!

牡蠣フライ

生食用だったけれど、家で生牡蠣は少々ねぇ。片栗粉塗して綺麗に洗って、汚れを取り水分をしっかり取ってからもういとど片栗粉少々でまぶしてから、卵と小麦粉を溶いたものに通し生パン粉で揚げた、勿論グ〜な味。

とちおとめでいちごジャム

とちおとめのこぶりないちご、袋に入れてジャム作りように売ってた、レモンも買って来て、ヘタを取り、今日の砂糖は黄ザラメをたっぷりかけて、上からレモン汁をしっかり絞り入れ、夜遅かったので蓋をして翌朝時間をかけて、出る灰汁を丁寧に取りながらとろりとしていちごが透き通るまで煮込む、部屋中2,3日香りが消えない程、香りが良い。

鶏から揚げ

岩塩、酒、生姜のしぼり汁、醤油、味醂ほんの少々、卵一個、小麦粉、片栗粉、上新粉少々でジップバックに入れて良くも見込み、冷蔵庫で3時間程ねかす。

味噌野菜鍋

白菜が残っていたので、今や高級野菜、無駄にしたくないので今日は野菜味噌鍋、親父2が要らないコールなので生シイタケも入れた、油揚げも入れて、豚肉と鶏肉の残りを入れて。

野菜煮込み

たまコンニャクと大根は下茹でして、大根とコンニャクはオイル少々でさっと炒めて、鶏肉少々、がんもどき、さつま揚げを煮込んだ、カツオ昆布だし、酒、味醂、黄ザラメ、醤油。

焼きビーフン

ビーフンはさっと下茹でして、刻み生姜、豚肉、人参、ピーマン、キャベツ、チキンコンソメ少々、酒少々、醤油少々、オイスターソース少々。

豚キムチ

新玉ねぎ4分の1個、豚肉、乳酸菌入りキムチ、酒少々、味付けは醤油ほんの少々、キムチにしっかり味がついているので、新玉ねぎで甘さが出てソフトタッチのキムチになる。

山形牛ミニッツステーキ

霜降り肉は嫌いな親父2、丁度程よい大きさの赤身に近いステーキ2枚、張り込む、車検を済ませた車を取りに行き、車使用は家の買い物が100%なので、本当は車検代私が払ってやりたいのだけれど、自分で出すからいいと言う、じゃぁほんの気持ちだけお返しさって、ちょっぴり少なすぎるサービス?霜降りのような柔らかさに欠けるけれど、噛んだ時の肉汁がうまい!マッシュルームともやしを炒めて。盛り付けが綺麗じゃないのはいつもの事、味で勝負と行きましょう。

カツ煮(カツ丼にのせない版)

要するにご飯にのせないかつ丼の上です。ヒレカツの時は親父2はカツそのままで私はたれを作って玉ねぎを柔らかく煮込んでカツを載せ卵2個でとじて、ご飯はごはんで食べたいのです。。

豚ひれかつ

豚ひれは開いて塩コショウ、酒ほんの少々を振り、衣をつけてカツにこれは親父2用、付け合わせにジャガイモを潰してバターと刻みパセリを混ぜてホイル器に入れ、炒めたぺーこんをチーズを載せてオーブントースターで焼いたもの、アボガド、トマト、レタス。

シチュー

カツオ昆布だし、カレー用豚肉、人参、新玉ねぎ、きたあかり。岩塩、胡椒、溶き片栗粉。

山形牛ミニッツステーキ

霜降り肉は嫌いな親父2、丁度程よい大きさの赤身に近いステーキ2枚、張り込む、車検を済ませた車を取りに行き、車使用は家の買い物が100%なので、本当は車検代私が払ってやりたいのだけれど、自分で出すからいいと言う、じゃぁほんの気持ちだけお返しさって、ちょっぴり少なすぎるサービス?霜降りのような柔らかさに欠けるけれど、噛んだ時の肉汁がうまい!マッシュルームともやしを炒めて。盛り付けが綺麗じゃないのはいつもの事、味で勝負と行きましょう。

大根の金平

本当は剥いた皮で作るものなのだけれど、大きな大根貰って、新しい内に煮るのもいいけれど、ごま油で炒って金平にした、カツオ昆布だし少々、酒、少しのだしで煮切ってラー油少々を絡めいりごまたっぷり。

オイスターソース焼きそば

食べた〜いと思って作るのだけれど、結局はほんの少し食べて、親父2が二日がかりで完食、オイスターソース味で上海焼きそば風に、刻み生姜、擦りおろしにんにく少々、豚肉、キャベツ、人参、もやし、チキンコンソメ4分の1個、オイスターソース、ごま油ほんの少々。

蕪の蟹餡かけ

小さな蕪だったので葉をほんの少しのこして厚めにスライスして器に並べて、TVでは塩吹きの細切り昆布を載せて、4分600wの電子レンジでチンだったけれど、たまたま塩昆布切らしてて少し塩を振ってアオサを載せた。蟹餡は蟹のむき身を買って来て、さっと炒めてシャンタンスープ(固形缶入りと水少々)を加え胡椒に溶き片栗粉でとろみをつけてチンした蕪の上にかけた。蕪蒸しする時鯛の切り身入れてとろろと蕪すりおろして出しかけて食べる、あの時の味に似てるかな?

さばの味噌煮

鍋にカツオ昆布だし少々と酒、黄ザラメ少々を入れて煮立て、醤油も少々入れてお湯をさっとかけて生臭さを取ったサバを昆布の上に載せ、スライスした生姜、梅干大一個を入れて少々煮込んでから味噌汁の時の2倍半程度の味噌を溶かし入れ、汁にとろみが出るまで煮込んだ。味噌の沁みた生姜も大好き。

刺身少々

刺身6切れのみ、ほんの少し食べたい時に上質なものを少し、二人で3切れずつ、私はマグロとろは余り好きではないので1切れと白身を二切れ。

セリと白菜、つくねの鍋

鶏ひき肉は胸肉200g、もも肉100gを測って貰って買って混ぜ、刻み葱、生姜擦りおろし、塩、醤油少々、卵一個でよく練り少し大きめの鶏団子、柔らかくって美味しいしだしが凄くでる、一応水ではなくカツオ昆布だしを煮立てて、鶏団子、セリは根っこもつけて、白菜、キャベツ、結び白滝、エノキ茸、木綿豆腐、味付けは細かい岩塩と胡椒のみ、酒少々を入れて、何ともうまいっ!最後にさぬきうどんを入れて、これが塩コショウ味で美味しい!

鶏むね肉の甘酢餡かけ

胸肉塊はスライスして肉たたきで少々叩き、軽く塩コショウして上新粉を絡めてかりっと両面を焼く、たれは水、土佐酢、醤油、オリゴ糖、ケチャップ少々、とき片栗粉。

豚汁

さっぱり豚汁、かつおと昆布の濃いだし、大根は茹でてから、豚肉は3枚肉は嫌だと言うのでロース肉を刻んで、山口のかまぼこ、ほうれん草はお椀の中に入れて汁をそそぐ。味付けは岩塩と醤油、酒。。

ミートローフ

牛赤身の2度挽肉、パン粉、牛乳、玉ねぎ微塵を炒めたもの、卵一個、生姜搾り汁、塩、コショウ、醤油少々。ゆで卵3個。ハンバーグ種と一緒です、クッキングシートに練った種を半分載せ、ゆで卵を置いて、上から半分の残りをかぶせて形を整え、230度で20分焼いて、暫くおいて後5分程。棒状になっているのを切り分けて頂きます。

豚肉の焼き肉のたれ絡め

5枚あった、厚手の豚ロース肉、豚汁に3枚つかって2枚を残したので、フライパンで焼いて焼き肉のたれジャンで絡めた。これはこれでうまい!

志の田うどん(昼)

長ネギが残っていたので、久しぶりで母が居た頃よくたべた志うどん、関西風を作ってみた。鰹節をしっかりかいて、利尻昆布でいつものだしを出して、うどんはさぬきうどんの冷凍、油揚げと長ネギをいれて岩塩と醤油少々。

鶏ささみのフライ

南部鶏のささみは柔らかいので美味しい、そぐように3っに切り、塩コショウ味をつけて生パン粉でフライに。オイルも米油一度使いなのでさっぱりと美味しい。

牛肉のバター焼き

脂身の少ないバター焼きようの牛肉スライスが今日は半額だった、5切れしか入って無いけれど、親父2が食べるのに程良い量、塩コショウでシンプルに焼いて、長ネギを周りで焼いて、ジャガイモは拍子木切りにしてオイル少々でさっと炒めて塩コショウと最後にお醤油ほんの少々をたらしたもの、私の好物。

肉じゃが

牛肉でやる事が多いのだけれど、今日は豚肉しかなかったので豚肉で、ジャガイモ、玉ねぎ、人参はオイル少々で炒めて脂を絡めてから白滝を入れ、カツオと昆布のだしをたっぷり注ぎ、酒、味醂、黄ザラメを入れてちょっと煮込んでから醤油を入れる。

スパゲッティーのクリーム煮

富良野の特別製バターがずっと冷蔵庫で眠ってた、料理用のいつも使ってる雪印バターが品切れでこれを使ってホワイトソースを作った、バター、小麦粉、牛乳、生クリーム、粉チーズ、チキンコンソメ、黒コショウ、スパゲッティーは半分に折って茹で、玉ねぎ微塵切りとロースハムを炒めて、ホワイトソースの中にスパと一緒に入れて、黒コショウを振って出来上がり。

厚手の甘塩鮭

これも5切れ、姉からのお土産であった、甘塩で脂がのっていて美味しい、うるめ鰯の生干しも貰ったので少し一緒に焼いてみた。

巨大海鮮恵方巻

姉持参の頂き恵方巻、節分に恵方巻を食べたのは初めて、3本で5千円?も出して買おうとは思わない、美味しい牛肉が食べられるものね。姉が一人で齧るのも寂しいからって3本持参で持ってきてくれ、東南の方を向いて切らずに齧り付けと言う、場面を想像してくださりませ、切ってお皿に載せて食べようとして止められた、二人は必死の思いでかぶりつき?完食、驚き!私は無理してやっと3分の2でギブアップ、これやらなきゃ福貰えないならいいや!で夕食に残りを頂きでした。

スズキの塩焼き

ソテーにしようかな?と思ったけれど、シンプルに甘い細かい岩塩を少々振って、ガス網で焼きました、最近は親父2、煮魚と焼き魚も随分食べるようになりました。

刺身三種盛

いさき、ぶり、マグロ、二人でちょっと食べたい時に程良い量ですが、刺身も高くなりました。

子持ちかれいの煮つけ

ソーメンだしを水少々で薄め、酒、味醂、黄ザラメを入れて煮立て、利尻昆布を一枚強いてその上に載せて紙の落し蓋をしてしっかり味をしみ込ませます。

海老フライと野菜天

海老やフライがパン粉をつける面が大きい程美味しいです、海老は尻尾の▼をちぎり、尻尾の中も綺麗に包丁でかきだして、背ワタを取って品かを割り広げ、パン粉は生パン粉、天ぷらはゴボウ、人参、しし唐、結び三つ葉。

カリカリカリフラワー

カリフラワーは房を小さくしてボールに水を入れて一旦水につけます、軸の間に虫がいる事があるので洗っただけでは心配。フライパンに米油を少し入れて強火で生のまま炒め、酒と土佐酢を振り入れて1分程炒め、チキンコンソメ3分の1、醤油ひとたらし強火の火をとめて蓋をして2,3分蒸らします。カリカリ感が残っていて美味しくいくらでも食べられます。

今日のサラダ

レタス、とまと、かにかまのちょっと上等な方、ロースハムでシンプルサラダ、自家製土佐酢だけでも美味しい。

塩味の厚焼き玉子

酒少々と昆布茶を入れて焼いた塩味の厚焼き玉子、何だかとっても玉子焼きが食べたくって焼いてみた。

白菜と豚三枚肉の鍋

白菜の間に豚三枚肉を挟んで鍋に入る高さに切り、かつおと昆布でだしただし、味付けは塩コショウのみ、白菜は高いけれど柔らかくてスープが美味しかった事、翌日太目のうどんを茹でて、胡椒を足ししっかり食べた。

豚三枚肉角煮

三枚肉の塊は軽く塩を振って、全面をフライパンで少し焦げ目がつく位焼いて、大なべにネギの青い部分、人参の皮、玉ねぎ、生姜の屑野菜を入れて2回程煮こぼしてから、角切りにして茹でた大根を入れて2時間程煮込み、途中でゆで卵と下茹でした里芋をいれてじっくりとろ火で3時間程、酒、味醂、黄ザラメ、醤油を入れて煮込みました。


ホームへ戻る